John Lennon's Guitar "Gallotone Champion"

ちょっとマニアックな話を。

Gallotone Champion
「ギャロトーン・チャンピオン」
b0136022_10463542.jpg

b0136022_10475186.jpg

(ネットからパクった話の切り貼りだから、どこまで本当かわからんが(笑))
この汚ねえギターは、1956年頃16歳のジョン・レノンが、ミミ叔母さんに買ってもらって、生まれて初めて手に入れ、2年程度使っていたというアコースティック・ギター。

"Reville"という雑誌でオーダーして、当時で$17程度(送料込み)今の価値でも、1万円程度。
南アフリカ製で、"Guaranteed not to split"「バラバラにならない補償付き」!

3/4ショートスケールのギターで、フレットも18しかない小振りなギター。
実際に弾いた感触は「オモチャ」とのこと。

そのギターをプレイしている16歳のクソガキ・レノンの写真がコレ
 ↓
b0136022_10573483.jpg

この写真は、1957年7月6日(土)、ウールトンのセントピーターズ教会の野外バザー会場にて、「Quarry Men」というバンドで出演したジョン・レノンが、チェックのシャツでニヤニヤして歌う姿。
しかし、なんとこれは、ジョン・レノン(16歳)とポール・マッカートニー(14歳)が出逢ったという記念すべき日の写真だ!
抱えているギターは、確かに"Gallotone Champion"



なんで、このギターの話を書いたかっちゅうと・・・

最近、セカンドストリートにプラっと入って、何気なくギターのコーナーを見たら、なんとこの「ギャロトーン・チャンピオン」が普通にあったのよ!

こんな古臭いギター、存在することが信じられないのに、なんで目の前にあるの???
それもセカスト(笑)
セカスト・グレイト!!(笑)
b0136022_1161090.jpg

偶然そこでバッタリ会った友達は、「誰かが作ったんじゃないの?」と???

お値段、129,000円!

モノホンかバッタもんか?
高いのか安いのか???

オレはいらねえけど!(笑)


この「Gallotone Champion」はショートスケール
この後手に入れたレノン初のエレクトリック・ギター「Hofner Club 40」もショートスケール
b0136022_11482711.jpg

オレの大好きな「Rickenbacker325」が、どうして異常に弾きにくいショートスケールなのか?
実はレノンは異常に手が小せえのか?とかいろいろ思ったけど、もっと単純な理由だったんだ。
ショートスケールしか弾いたことがなかったんだわ(笑)
b0136022_11444773.jpg


不良少年レノンは、この"Gallotone Champion"をガシガシ弾きながら、ロックンローラーになっていった♪
想像したら、なんかゾクゾクするぜ!!!


1957.6.22
b0136022_1111207.jpg

1957.11.23
b0136022_11113476.jpg

1957.11.23
b0136022_1111488.jpg

by crazyday | 2013-05-01 12:04 | Guitar